3つの宝箱(あるいは思い出という名の公園)

私にとっての3つの宝物といえるプロレス・映画・学生時代の思い出や、日々の雑感を語るブログです。

めちゃイケでの横山由依に見たプロ根性

去年の話ですが、ナインティナインの「めちゃ×2イケてるッ!」の中で女子プロレスの企画がありました。当時めちゃイケが終了になるということで、この女子プロレスの企画も最後ということで企画されたものです。
この時オアシズの光浦靖子とAKBの総監督横山由依が試合をしました。この時の試合が後日ネット上で、少し物議をかもしました。
その試合に触れる前に少し横山由依のことについて述べさせてもらいます。
f:id:KINUGASA:20190111083937j:plain
横山由依は、今では誰もが知っているAKBの総監督ですが、私が横山由依を知ったのは今から5年前にたまたま「京都いろどり日記」を見たからです。
「京都いろどり日記」は、関西で放送されている京都のいろんなスポットを横山が巡る番組です。
f:id:KINUGASA:20190111140038j:plain
その時初めて、横山由依を知ったのですが、一言で言うと「めちゃめちゃいい娘」だなと思いました。
番組の内容は、横山が京都のいろんな場所を周りロケを行うものです。
その時に当然色んな初めて会う人と横山とのやり取りがあるのですが、その応対から彼女の人柄の良さが、にじみ出ていました。
また私が何より感心したのは、視聴者からの手紙を読むコーナーで、一つ一つの質問に凄く真摯に答えていたことです。決して質問をすかしたり、かわしたりすることなく、常に真正面から答えている姿に
(あぁ、この娘ええ子やなぁ)と感心したものです。
実際私が質問を送った時も、凄く真剣に考えて回答してくれて嬉しく思ったものです。
その時から「京都いろどり日記」は、毎回欠かさず見ていますが、横山への印象が変わることはありませんでした。

その横山が光浦とプロレスの試合をしたのですが、ネット上で、光浦への攻めがえげつなさ過ぎると批判されたのです。
特に問題とされたのは、横山が光浦に合計で5発放ったトラースキックです。WWE のレジェンド、ショーンマイケルズばりの見事な蹴りでした。
f:id:KINUGASA:20190111142610j:plain
f:id:KINUGASA:20190111140100j:plain
この蹴りが「シビア過ぎる」とか「バラエティーなのに」とか色々と批判されました。
私は、この番組を見ていましたが結論から言うと横山への批判は、全く的外れだと思います。
横山は、プロのタレントとして自分の役割を全うしただけなのですから。

そもそもこの一戦は光浦の強い希望で実現したものでした。めちゃイケの終了に伴い、当然めちゃイケ内の女子プロレスも終了になります。
それで最後に悔いを残さないために試合をしたいという光浦の熱い思いで実現した試合です。そういう思いで試合に望んでいる光浦に対して下手に手加減した蹴りを放つことこそ失礼ですし、批判されるべきです。
そこを横山は、充分に理解して自分のヒール(悪役)としての役割を全うしただけなので、誉められこそすれ批判されるのはおかしいと思います。

前述したように本来の横山は、凄く優しい性格のいい娘です。その横山が本来の自分とかけ離れたヒールを演じきったプロ根性を称えたいと思います。
いかに試合の中の役割とはいえ、自分の倍ぐらいの年齢の光浦の顔面を思いっきり蹴ることに躊躇や葛藤があったと思います。されど試合になると全くそういう素振りを見せずにプロとして徹底した横山は、立派でした。

試合後に光浦に話しかけた時の横山は、涙ぐんでいました。光浦の頑張りへの感動と仕事とはいえ厳しい攻撃をしかけてしまったことに対する罪悪感が、一気に吹き出したような感じでした。
f:id:KINUGASA:20190111192744j:plain
試合が終わって素の横山由依が出てしまったのだと思います。
本来の優しい性格を隠しきれなかったのです。
しかし仕事ではその性格を押し隠しプロに撤しきる横山由依を応援しています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。