3つの宝箱(あるいは思い出という名の公園)

私にとっての3つの宝物といえるプロレス・映画・学生時代の思い出や、日々の雑感を語るブログです。

日本では、落とした財布の6割は帰ってくるは本当か。財布にまつわる個人的体験

先日所用で、梅田に出掛けた時の事です。(他府県の方に念のため、梅田はJ.Rで言うと大阪,。大阪府一の繁華街です。)
所用と言っても、本を買いに行っただけなんですが、無事目的の本を購入し帰りの電車に乗りましたた。
それで、自分の家の最寄り駅について自販機でコーヒーを買おうとしたら財布がないんです!
慌てて、駅の案内所に飛び込んで、さっき乗ってきた電車の車内を捜索してもらいましたが見つからず。念のため、その電車の途中の停車駅と終着駅にも調べてもらいましたが、財布の落とし物はないとのこと。

(困ったな。)と思いましたが、頭をクールダウンして、考えられる最悪の事態を考えました。財布の中には、現金が2万円弱と運転免許証・キャッシュカードとクレジットカードが2枚ずつ入っていました。
色んなことが頭の中をかけめぐり、ビューティーペアの「かけめぐる青春」が頭の中に流れました。
それは、冗談ですが。
(現金が戻ってこないのは、仕方ないとして免許証やカードを悪用されるのが一番困る。)
そう思いましたので、すぐに最寄りの交番に向かいました。まず免許証の遺失届けを出して、その後クレジットとキャッシュカードを止めなければと思ったからです。

交番に着いて、お巡りさんに事情を説明して届け出を書いていると、その間担当のお巡りさんがどこかに電話をかけてくれていました。
するとお巡りさんが「梅田の交番に届け出があったみたい。」と教えてくれたんですね。
これって中々凄いことですよね。あんな人の多い梅田で、誰かが私の財布を拾って届けてくれるって確率的には、結構低いと思うんですよ。
本当に届けてくれた人に感謝です。

それで、改めて考えてみると今回に限らず、私が財布を過去に落とした時も必ず届けてもらってるんです。
結構うっかり者なので、今までの人生で7~8回財布をおとしてるんですが、必ず届けてもらってます。
何故かなと考えた時に一つ思いついたことがあります。
それは、私も財布を拾ったら、必ず届けているということです。

財布を落とすことが多いように、財布を拾うことも多く過去に10回くらい拾ってます。その度に必ず届けてます。
それは、単に私が小心者なので拾ったものを猫ババとか出来ないからなんですけど、必ず届けてます。
それで、よくよく考えてみるとどこかで行いがつながってるのかなと。
善因善果というか、本当にそういうことってあるのかも知れないと改めて思いました。日頃の行いの重要さを改めて感じた一日でした。
最後に、もう一度「財布を届けてくれた人ありがとうございました。」

最後まで読んでいただきありがとうございました。