3つの宝箱(あるいは思い出という名の公園)

私にとっての3つの宝物といえるプロレス・映画・学生時代の思い出や、日々の雑感を語るブログです。

幻の国際プロレスのドッキリ番組

自己紹介にも書きましたが、私は昭和プロレスが大好きで、特に国際プロレスのラッシャ-木村さんが大好きでした。
あの哀愁に満ちたたたずまい、どうしても悪役に徹しきれない人の良さ。
どうしようもなく木村さんに惹かれたものでした。
f:id:KINUGASA:20181129225839j:plain
今日ここに書く記事は、木村さんがまた国際プロレスのエ-スとして活躍してた時の話です。
当時国際プロレスは、東京12チャンネル(今のテレビ東京)が中継していました。

今でこそテレビ東京は結構人気番組がありますが、その当時は、他局にくらべて魅力ある番組が少なくマイナー視されてました。
そんな12チャンネルがこれまたマイナーな国際プロレスを中継していたのですから、当時国際プロレスをテレビで見ていたのは、よほどのプロレスファンぐらいだったのです。

その国際プロレスのエ-ス、ラッシャ-木村が、東京12チャンネルのドッキリ番組に出演したことがあるのですが、これがメチャメチャ面白かったのです。

番組の内容は当時他局で人気のあった「スタ-ドッキリマル秘報告」のパクりで、「スタ-ドッキリ大作戦」か何かそのようなタイトルでした。(ほとんどスタ-は、でませんでしたが。)

肝心の番組内容ですが、どのようなものかといいますと、どこから連れてきたのか分からないブル-スリ-のそっくりさんを国際プロレスの道場に殴りこみさせるという内容でした。

最初は道場の取材に来たという理由で、木村さんにインタビユ-をするのですが、そのうちブル-スリ-が木村さんの肉体の強さを確認のためにパンチを入れるという内容だったと思います。

この時の木村さんの表情の変化が、絶妙に面白くて最初穏やかな表情がだんだんこわばって鬼の形相に変わるのですが、その過程が面白くてテレビの前で腹を抱えて笑ったものです。

最後はマイティ井上と共に木村さんが、偽ブル-スり-をぼこぼこにして終わるのですが、ブル-スリ-のやられ方も見事で、最後まで爆笑してました。

こんな面白い番組だったのに、私のまわりでは誰一人これを見たものがいないのです。
なので誰に話しても信じてもらえません。

どなたか、この番組を見られた方おられたら教えて下さい。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
allowtransparency