3つの宝箱

私にとっての3つの宝物といえるプロレス・映画・学生時代の思い出や、日々の雑感を語るブログです。

学生時代の思い出

立命館大学の思い出その11(遠い春と私だけの十字架)

私が学生の頃は、携帯電話もスマートフォンもありませんでした。 誰かに連絡するためには、固定電話にかけることでしか、連絡できない時代でした。 今までに何回か書かせていただいたとおり、当時私には想いを寄せている憧れの女の娘がいました。 その娘とは…

立命館大学の思い出その10(裏切りの新日本、大阪の夜。)

3回生の秋に友達と新日本プロレスを見に行った時のことです。1987年の9月17日に大阪府立体育館に行きました。 当時新日本プロレスは、全日本から出戻ってきた長州が中心となった新旧世代闘争で盛り上がっていました。 これは長州が猪木を中心とする現状のト…

立命館大学の思い出その9(ブロディがいなくなった日)

プロレスファンなら誰でも知っていますが、かってブルーザーブロディというレスラーがいました。 私が大学生の頃ブロディは、ハンセンと並んで地上最強のレスラーと称されていました。 ハンセンが新日本ブロレスから全日本に移籍したことにより実現した二人…

立命館大学の思い出その8(Y君との思い出)

私が立命館に通っていた頃は、地方から進学してきた学生が多くいました。 比率でいうと関西から通っていた学生が6割、地方から進学してきた学生が4割だったと記憶しています。 地方からの進学してきた学生は、おしなべて真面目な学生が多かったと思います。…

立命館大学の思い出その7(昭和の映画館)

明けましておめでとうございます。 旧年中は。私のブログを読んでいただきありがとうございました。 今年も出来る限り更新していきますので、読んでいただければ嬉しく思います。正月といえば思い出すのが、よく父に映画に連れて行ってもらったことです。 今…

立命館大学の思い出その5(国際都市十三)

大阪府民なら、みんな知っていることですが大阪市に十三という街があります。(じゅうさんではなくじゅうそうと読みます。) 私が学生の時十三は、一部の人に「国際都市」と呼ばれていました。何故なら十三の中には「パリ」や「ロンドン」が存在していたから…

立命館大学の思い出その4(1987年の前田日明)

3回生の11月にプロレスラーの前田日明の講演会が 以学館でありました。 当時前田は新日本プロレスに在籍していました。第1次UWF が経営的に行き詰まり、新日本プロレスに戻って来たわけです。 新日本プロレスでは、前田は常に危険な香りを漂わせ、アンドレ…

立命館大学の思い出その3(永遠のライバル同志社大学)

関関同立の中でも、わが立命館と同志社は同じ京都にあることもあり、昔からよく比較されたものでした。 当時は、同志社の方が立命館より少し偏差値が上だったので、関西の学生達は少し同志社を上に見ている人が、多かったように思います。 ただ地方から進学…

立命館大学の思い出その2(衣笠キャンパスに現れた猪木教信者)

1回の時に早めに大講義の教室に着いた時のことです。 私より早く来ていた男子学生が、奥の席で「週刊ファイト」を広げて読んでいました。「週刊ファイト」というのは、大阪の新大阪新聞社が出版しているプロレス専門誌で、当時プロレスファンでもコアなファ…

立命館大学の思い出その1

今日は大学時代の思い出について書かせていただきます。 プロフィ-ルにも書きましたが、私は京都の立命館に通っていました。 当時は京都の衣笠にキャンパスがあり、周りはとても閑静で勉強するにはもってこいの立地でした。 入学式当日はキャンパスの桜が満…